Boîte du jouet

ドールやフィギュアなどのブログです。苦手な方はご注意ください。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP 久遠寺有珠 ≫ 久遠寺有珠のアイ

久遠寺有珠のアイ

久遠寺有珠のアイを外しました。

ドールのヘッドだけの写真があります。

苦手な方は、続きを見ないでください。







アイを外す時は、普通はドライヤーであぶって外すと思いますが、

私は、ヘッドにお湯を入れて外しています。

この方法は、カスタムヘッド、ワンオフヘッド、リキテックスでメイクしたヘッド

アクリル絵の具でメイクしたヘッドなどには使わないでください。


ボークスの限定品で、大量生産(タンポ印刷)してる物に限ります。

100%問題無いとは言えないので試される方は自己責任でお願いします。



ari_1761.jpg

私は、洗面器の中にコップを入れてヘッドを置いています。

お湯は、40℃~50℃ぐらいなので、普通のコップで問題ありませんが、

気になる方は、耐熱ガラスの物を使ってください。



ari_1762.jpg

首の差し込み穴を、「引っ付き虫」等でふさいで、水を入れます。



ari_1763.jpg

お湯を入れて温度を調整します。

熱いお風呂ぐらいの温度で十分です。

熱いけど手を入れてもやけどしないぐらい。


ari_00001.jpg

2 ・ 3分待ってからグルーの端を、マイナスドライバーなどで、コリコリとめくるようにしてください。

グルーのふちを順番にめくっていくと急に、全体が、ガバッと外れます。



ari_1764.jpg

グルーとアイが一緒に外れます。

なんかにらまれてるようで、少し怖いです。



ari_1765.jpg

ヘッドの裏側には細かいグルーは残っていますが、ほとんどは外れています。

ヘッドの裏のグルーは、爪で引っかいてやると簡単に取れます。



ari_1766.jpg

お湯を入れられる容器なら何でもいいので、先ほどと同じように熱いお風呂ぐらいの温度で

お湯をいれ、アイとグルーが引っ付いた物を入れ、2 ・ 3分待ちます。



ari_1767.jpg

爪でグルーの端をめくるように引っかいていただくと、少しづつはがれてきます。

あせらずに、少しづつはがすと、綺麗にグルーが取れます。



ari_1769.jpg

両方とも同じように外します。



ari_1770.jpg

ヘッドの中も綺麗に取れています。

アイに残っている細かいグルーや、薄く残っているグルーは、先ほどのお湯に

ティッシュペーパーを少しだけ浸けて、やさしく拭いてください。

一回拭くだけでは取れませんが、5分も磨けばぴかぴかになります。




グルーが上手くめくれない時は、もう少し温めてください。

手にグルーが付いて、ネチャネチャする時は、温めすぎです。

水を入れて温度を少しだけ下げてください。




なぜ今回アイを外したかというと、



ari_1774.jpg

先週の、I ・ Doll大阪で、とてちさんのアイを買って来ました。


きっと有珠に似合うはずです。



ari_1777.jpg

白目の部分が増えたので前のアイとは少しイメージがかわっていい感じです。

また今度、一眼の方で、ちゃんと取り直します。

今回はこれで失礼します。



追記 : 初めにコップを使ってましたが、ヘッドが乗れば紙コップでも、何でもいいです。






スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL