Boîte du jouet

ドールやフィギュアなどのブログです。苦手な方はご注意ください。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPドール DD ≫ ドールのカスタム関係

ドールのカスタム関係

今回は、うちの子のカスタム時の説明記事です。

ドールの素体や、ノーメイクのヘッドの写真などがあるので、

苦手な方は見ないでください。


IMG_0024532.jpg



今回、ドルパに連れて行った、冷泉麻子さんですが、

09ヘッドのカスタムです。

一番の難関は、アイホールの縮小というか穴埋めをどうするかですが、

私の持っている半田ごてでは、出力が弱いので接着する部分の塩ビを

奥まで溶けた状態にするのは無理なので、とりあえず溶かして接着はあきらめて

接着剤で、接着して持つのかどうか、試してみる事にしました。




s95_0005473.jpg
接着する材料ですが不要な部分を切り取って使う事にw




s95_0005478.jpg
片方接着した状態です。

接着に使ったのは、瞬間接着剤アロンアルフアです。

100均の瞬間接着剤は、ちゃんと固まらなかったり問題が出る時があるのでご注意を




s95_0005476.jpg
裏側から見るとこんな感じ。

接着したい所に端切れを当てて、指で動かないように押さえます。

前側に強接を
1滴付けて、つまようじで接着するふちに伸ばして固まるまでひたすら

指で押さえて待ちます。

2 ・ 3分で固まりますが、前側は隙間に流し込まずに押さえていたので表面の方で

固まっています。

裏側は隙間の空いた状態で、強接を1滴付けて、つまようじで接着するふちに伸ばして

指で2度ほど、押さえて放してから、隙間が空かないようにしっかり押さえて固まるのを

待ちます。

同じように両方付けます。

その後、デザインナイフで荒削りして、100均で買ってきたダイヤモンドやすりで

削って行きます。

これが一番楽で綺麗に仕上がるので、お勧めしておきます。

大体の形になってきたら、アイサイザーでアイホールの裏側を削って

表面の仕上げを、耐水ペーパーの#400、#800で仕上げました。

後は同じように、鼻を低くして、あごを丸くして出来上がりです。



メイク前の写真を撮り忘れました。

メイク後の写真ですが、アイホールの比較と思ってみてください。




s95_0005637.jpg
とりあえず、ノーマルの09ヘッドと比べると、結構埋めるのに成功していますね。

真ん中あたりで3mm埋まってます。

あら隠ししてないので、ヘッドを見ると継ぎ目が見えるのですが、写真だと分かりにくいですね。

もともとレミリアさんのヘッドを作る時に、これぐらい眠そうな目にしたかったのですが

あきらめてました、なんか作れそうですねw

冷泉麻子さんのヘッドはこの辺で、




次はボディーですが、


IMG_0024874.jpg
なんか、高校生、中学生、小学生みたいな感じになってますが、

ネリスがDDS、チルノがMDD、みどりが???

てことで名付けて、ミニDDS→MDDSみたいな感じでどうでしょう(笑)

みなさんこのむっちりした、太ももと、ふくらはぎが、気にいってもらったようで、

神戸SRのヒラヒラさんから、グッジョブ頂きました。




IMG_0024877.jpg
ベースは、DDSボディーです。

全体で、6cm詰めましたが、腰のジョイントにチューブ入れて5mmほど浮かせたので、

5.5cmほど背が低くなってます。(この写真はこの寸法)

胴体が短すぎる感じだったので、下半身パーツのジョイントパーツの向きを

180度回すと8mm伸びたので現在は、約4.5cmぐらい低い計算です。




IMG_0024881.jpg
この子は、純正以外のパーツは、鬼丸さんとこの首のパーツと、リボンと、靴下です。

それ以外はすべて純正部品です。

下半身パーツも、作り直すのが面倒だったので、純正パーツで済ませました(笑)

下半身パーツは、ジョイント抜いて-30mm

足は、すねパーツを切って-30mm

腕は、手首の上を15mm、ひじの上を5mm、切って-20mm

この時、手違いでDDの腕を切ってしまいました(笑)

ほんとは25mm切ったのですが、DDSの腕と比べると-20mmでした。

この子の手首パーツは、DD2用が付いているのですが、DD3用の手首パーツだと

シャフトを3mmほど切る必要があるようです。




IMG_0024884.jpg
ひじは、この状態だと刺さってるのが、10mm~5mmぐらいのはずですが、

ゆるくなって取れたりはしないようです。

個体差で緩い時は、強接で硬さ調整しないとダメみたいですね。

ただ、このはめ込みの硬さ調整には、100均の強接は使わないでください。

初めは問題なくても、1週間ほどして急に、動かない抜けない状態になる時があります。

3度ほど経験済みです(笑)




s95_0025641.jpg
右が元のDDSのフレームです、首パーツは鬼丸さんの物に変えてます。

左は間のパーツを抜いた状態です。

これで、33mm短くなっています。

これだと上半身が短すぎるので少し伸ばすことに、




s95_0025642.jpg
左の方の上半身パーツと下半身パーツの間にチューブを入れて少し伸ばしてみました。

7mm伸びてます。 これで、-26mmぐらいです。

上のみどりさんの写真はこの寸法です。




s95_0025643.jpg
左の方の下半身パーツの部品を180度ひっくり返してつなぐと、8mm伸びました。

これで、-18mmぐらいです。

今は、このサイズにしてます。




s95_0025644.jpg
右はDDSの元のサイズです。

左は加工した物、20mm短くしてます。

はじめ、上側、10mm、 下側、15mm 短くしたのですが、間違ってDDの腕を

短くしてしまいました。

DDSの腕と比べると、-20mmでした。




s95_0025645.jpg
右の方が元のDDSの足です。

足はすねパーツだけ、30mm短くしました。

もともと、ひざ下が長かったので、これぐらいは大丈夫だろうと切って見ました。




s95_0025650.jpg
これで、48mm背が低くなっているはずなので、予定通り、DDとMDDの間ぐらいの

背丈になりました。

この小さいボーディーは、次にカスタムする子用に作った物ですが、

みどりさんもこのボディーを常用する予定です。



話は別ですが、ネリスが付けてる、リボンブラ&ショーツセット、

アフターで買って来たのですが、Mのみ対応と書いてありましたが、

M用のフックを引っ掛けるのと別で、L胸用のフックが別で付けてあって

L胸にもピッタリでした。

しかもL胸用だけ金属のフック、M SS/S胸は全部糸のフック掛けでした。

M用は肩ひもが長いです。



腕と、足も、フレームの写真撮ろうかと思ったのですが面倒なのでやめました。

また機会があればその時にでも上げます。

今回はこれで終わります。

それではまた。




スポンサーサイト

Comment

No title
編集
こんばんはー。
こうやってカスタムされているんですねー。
目を細めている感じ、どうやって居るのだろうとずっと疑問でした!
サイズ変更も、中くらいの子ができて、まさに妹キャラですね!
勉強になりましたー
2016年06月03日(Fri) 21:49
Re: No title
編集
モコレオさんコメントありがとうございます。

> こんばんはー。
> こうやってカスタムされているんですねー。
> 目を細めている感じ、どうやって居るのだろうとずっと疑問でした!
やり方はいろいろあると思いますが、簡単であら隠しがしやすい方法を選びました(笑)
ただこの方法は、強度に問題があります。

> サイズ変更も、中くらいの子ができて、まさに妹キャラですね!
前から、中くらいの子が欲しかったので作ってしまいました(笑)
たぶん、鏡音リンもDDSサイズで出ると思われるので、このボディーでばっちりです。

> 勉強になりましたー
出来るだけ、簡単に特殊な事わせずに作りました。
大した事はしてませんよ。
2016年06月03日(Fri) 22:38
No title
編集
こんにちは♪
アイホールの縮小と幼DDSボディ、どちらも
やってみたい分野でしたので大変参考になりました。
そういう技術があるらしいことは知っていたのですが
詳細は今まで謎のままでした。
写真と丁寧な解説付きで教えていただき
とても有難いです・・☆
2016年06月13日(Mon) 08:46
Re: No title
編集
mocchiさんコメントありがとうございます。
いらっしゃいませ。

> こんにちは♪
> アイホールの縮小と幼DDSボディ、どちらも
> やってみたい分野でしたので大変参考になりました。
私も前から考えてはいたのですが、なかなか手が付けられなくて、
アイホールの加工も接着よりも、溶着がいいなと思っていたのですが、
塩ビの溶接機を、買うのももったいないので、接着してみました。

記事には書いてませんが、アイサイザーでアイホール削る時も、瞼を削る時も
力を掛け過ぎると接着が外れる可能性があるので注意してください。

DDSボーディーの方は、下半身パーツで-15 腕の手首部分で-15
だけにしておく方が、加工も楽だし、DDの衣装との互換性も上がります。
足は記事に書いたぐらいの長さで問題ないと思われます。

> そういう技術があるらしいことは知っていたのですが
> 詳細は今まで謎のままでした。
私も、盛った、張った、埋めた、ぐらいでしか聞いてなかったですw

> 写真と丁寧な解説付きで教えていただき
> とても有難いです・・☆
そんなに大した事はしてないのですが、お役にたてばいいですね。
mocchiさんのカスタムはレベル高いのでどんな子が出てくるのか楽しみです。
2016年06月14日(Tue) 23:57












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL